ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

本巣市

スマートフォン表示用の情報をスキップ

建築の際の手続き・制限について

[2020年3月3日]

ID:745

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成30年8月1日(水)から特定用途制限地域の一部が変更になります。
これに伴い、白地地域の建築形態規制についても変更されます。
詳しくは「
2.白地地域の建築形態規制について」をご覧ください。

建築物を建築するとき

建築確認申請時等に必要な確認事項や担当窓口の問い合わせ先等を確認する為のチェックリストが下記からダウンロードできます。事前に十分な調査を行ってください。

1.都市計画区域内で建築する場合

原則として建築確認申請の手続きが必要です。

  • 部数
    建築確認申請書 正本および副本 各1部
  • 提出先
    岐阜・西濃建築事務所 大垣市江崎町422-3 西濃総合庁舎 電話:0584-73-1111
    または指定確認検査機関

2.都市計画区域外で建築する場合

原則として建築工事届が必要です。
ただし、特殊建築物や一定の規模を超える建築物においては、建築確認申請の手続きが必要です。

  • 部数
    建築工事届 1部(控えが必要な場合は2部)
  • 提出先
    岐阜・西濃建築事務所 大垣市江崎町422-3 西濃総合庁舎 電話:0584-73-1111

3.都市計画施設(東海環状自動車道、長良糸貫線等)の区域内で建築する場合

都市計画法第53条に基づき市の許可が必要です。

  • 部数
    許可申請書 正本および副本 各1部
  • 提出先
    本巣市役所 都市計画課

許可条件

都市計画法第54条第3号
当該建築物が次に掲げる要件に該当し、かつ、容易に移転し、または除却することができるものであると認められること。
イ 階数が2以下で、かつ、地階を有しないこと。
ロ 主要構造部(建築基準法第2条第5号に定める主要構造部をいう。)が木造、鉄骨造、コンクリートブロック造その他これらに類する構造であること。

建築に関する制限

平成22年8月27日(金)より新しい本巣都市計画が施行されました。それに伴い、建築に関する制限を受ける地域がこれまでより拡大されます。
(都市計画に関する変更については、都市計画についてのページをご覧ください)

1.道路後退について

道路後退の画像

緊急車両の進入、火災が起きた場合の延焼の防止および日照・通風の確保などを目的として、都市計画区域内では建築物の敷地が4m以上の道路に2m以上接していないと建築できません
幅員が4m未満の道路に接している敷地では、建築物の新築・増改築・移転などを行う場合は、道路の中心線から2m後退する必要があります。

2.白地地域の建築形態規制について

平成30年8月1日(水)から建築形態規制の指定分類が以下のように変更しました。あわせて、特定用途制限地域も変更されました。特定用途制限地域については「5.特定用途制限地域の指定」をご覧ください。

特定用途制限地域の画像

都市計画区域のうち用途地域の指定のない地域(白地地域)については、特定行政庁である岐阜県が地域の土地利用の実態に即した建築形態規制を指定します。
本市における規制は次のとおりです。

建築形態規制
分類記号容積率前面道路による
容積率制限数値
建ぺい率道路斜線制限隣地斜線制限日影規制※
320/100.46/10∠1.2520m+∠1.25ロ(3)
5
(一部地区のみ)
20/107/10∠1.531m+∠2.5
※(6)日影による建築物の制限事項
制限対象建築物日影測定面
(地盤面からの高さ)
冬至日の8時から16時までの間に生じる日影時間の制限
ロ 高さ10メートル超え4メートル(3)境界線から5mを超え10m以内の部分 5時間
ロ 高さ10メートル超え4メートル(3)境界線から10mを超える部分 3時間

また、上記表の中で各分類の場所については下の画像をクリックしてください。別ウィンドウで表示されます。(※表示画像はあくまでも概略図です。詳細については、都市計画課まで問い合わせてください。)

建築形態の各規制について

(1)建ぺい率・容積率

建ぺい率・容積率の画像
  • 建ぺい率
    敷地面積に対する建築物の建築面積の割合のことです。
    建築面積÷敷地面積×100%=建ぺい率
  • 容積率
    敷地面積に対する建築物の延べ床面積の割合のことです。
    延べ床面積÷敷地面積×100%=容積率

(2)道路斜線制限

道路斜線制限の画像

道路の天空の確保と街区内の日照、採光、通風などの住環境保護のために、建物の高さを制限するものです。

(3)隣地斜線制限

隣地斜線制限の画像

隣地間の通風、採光などの衛生的環境を維持するために、建物の高さを制限するものです。

(4)日影規制

日影規制の画像

住宅地における日照を確保するため、周囲に落とす日影の時間によって、建物の高さや配置を制限するものです。

お問い合わせ

糸貫分庁舎 産業建設部 都市計画課 都市計画係 

TEL: 058-323-7758

FAX: 058-323-1157

お問い合わせフォーム