ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

本巣市

スマートフォン表示用の情報をスキップ

本巣市少年の主張大会

[2022年8月3日]

ID:1117

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

第18回「本巣市少年の主張大会」

多くの市民の皆さんに21世紀に生きる本巣市の少年のことをよく知り、理解を深めていただきたいという願いを込め、第18回本巣市少年の主張大会を6月19日(日)に開催しました。市内小中義学校の代表15名が参加し、家庭や地域活動の中で心に感じ、考えたことを自分の言葉で堂々と発表しました。

7月28日(木)に本巣市少年の主張大会表彰式を開催し、優秀賞・優良賞を受賞した15名が表彰されました。

受賞者は以下のとおりです。同じ賞の受賞者は、大会での発表の順にご紹介します。

大会の様子

結果

小学生・義務教育学校前期課程部門

《優秀賞》

安藤 漱汰さん(真桑小学校6年生) 「だれもが住みよい街になることを願って」

大熊 快和さん(席田小学校6年生) 「運命のその先に」

犬飼 奏菜さん(土貴野小学校6年生) 「ホタルの輝きから考えるSDGs」

《優良賞》

田上 蒼輔さん(本巣小学校6年生) 「ゲームの使い方」

青山 珠鈴さん(外山小学校6年生) 「あいさつで深まる絆」

矢野 心愛さん(弾正小学校6年生) 「生き物たちの命と私たちの生活」

津屋 美優さん(一色小学校6年生) 「あなたの幸せって何ですか」

桑島 楓さん(根尾学園6年生) 「ともに分かり合える関係を作るために」

中学生・義務教育学校後期課程

《優秀賞》

笠井 詞葉さん(糸貫中学校3年生) 「社会の色めがね」

髙橋 亮賀さん(根尾学園9年生) 「ハンデに感謝」

《優良賞》

加藤 結子さん(本巣中学校3年生) 「私たちの日常」

白井 友佳理さん(本巣中学校3年生) 「ゴミの行方」

市原 有希菜さん(真正中学校3年生) 「日常から気づいた大切なこと」

森本 幸起さん(真正中学校3年生) 「女性が活やくできる環境を」

白藤 彩乃さん(糸貫中学校2年生) 「知ることでうまれる温かい気持ち」

なお、受賞作品を収めた作品集を、各庁舎や各公民館に設置しています。



「本巣市少年の主張作文」募集要項

令和4年度の募集は締め切りました。

趣旨

少子高齢化、国際化、情報化が急速に進み、環境が目まぐるしく変化する現代社会において、時代を担う子どもたちには、心身ともに健康で他者を思いやる心を持ち、社会的に自立していける、健やかな成長が求められています。

そのためには、広い視野と柔軟な発想や創造性などと共に、物事を論理的に考える力や、自らの主張を正しく伝え、理解してもらう力などを身に付けることが大切です。

本巣市少年の主張大会は、子どもたちにとって、これらの契機となることを願い実施するものです。

応募部門および対象

【中学生・義務教育学校後期課程部門】 市内中学生・義務教育学校後期課程

*市内在住の特別支援学校中学部在籍者にあっては、当該生徒の希望等に応じて参加可とします。

【小学生・義務教育学校前期課程部門】 市内小学校・義務教育学校6年生

テーマ

(ア)社会や世界に向けての意見、未来への希望や提案など

(イ)家庭、学校生活、社会(地域活動)および身の回りや友だちとの関わりなど

(ウ)テレビや新聞などで報道されている青少年の問題行動、大人や社会のさまざまな出来事に対する意見や感想、提言など

以上のような内容で、心に感じたこと、感銘をうけたことなどを、自由でユニークな発想と飾り気のない言葉でまとめてください。

応募条件

(1)400字詰原稿用紙4枚程度

(2)一人一点とし、未公開のもの

(3)原稿の書き出しは、

  一行目にタイトル

  二行目に学校名(本巣市立〇〇学校)、学年

  三行目に氏名

  四行目以降に本文

(4)学校名、学年学級名、氏名(フリガナ)、連絡先を記入した応募票を添付してください。

応募締切

令和4年5月31日(火)

応募先

本巣市教育委員会社会教育課

その他

(1)中学生部門の優秀賞(2名以内)の原稿と録音テープは、岐阜圏域の審査会に提出します。岐阜圏域審査会において、成績優秀に選ばれた場合は、「少年の主張岐阜県大会」に出場することとなります。

(2)学校名、学年、氏名については、選考・表彰・主催者の広報活動(記者発表等含む)に係わる事項以外は使用しません。

(3)入賞作品は青少年育成に係わる広報活動に活用します。




お問い合わせ

真正分庁舎 教育委員会 社会教育課 社会教育・青少年教育係 

TEL: 058-323-7764

FAX: 058-323-2964

お問い合わせフォーム