ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

本巣市

スマートフォン表示用の情報をスキップ

市総合防災訓練

[2020年3月6日]

ID:983

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

防災訓練に積極的に参加し、防災について考えましょう!

南海トラフを震源とした巨大地震や記録的豪雨など災害はいつどこで発生するかわかりません。
いざ災害が発生した時に落ち着いて行動するためには、定期的に訓練を行うなど、災害について考える機会を多く持ち、常日頃から災害に備えることが大切です。
各地域では、自主防災組織を主体とした防災訓練を定期的に実施しています。積極的に参加し、自助・共助の力を高め、地域の防災力の向上を図りましょう。

平成26年度本巣市総合防災訓練

市では毎年、災害時の被害を最小限にとどめることを目指し、総合防災訓練を行っています。
平成26年度は、大規模地震が発生したという想定の下、下記の通り訓練を実施しました。

1 日時

8月31日(日)午前7時30分から正午0時
※警報が発表された場合は中止とします。中止の場合は午前7時に防災無線にてお知らせします。

2 場所および訓練内容

  1. 災害対策本部設置訓練、非常参集訓練、情報伝達訓練、被害情報集約訓練、応援要請訓練
  2. 自主防災組織による訓練
  3. 模擬現地訓練 真正体育センター
  • 非常炊き出し訓練、避難用仮設テント展示、パネル展示、住宅用火災報知器・家具転倒防止器具設置講習
    非常食の食べくらべ・防災資器材展示、給水タンク展示

※訓練当日は、午前7時15分に訓練を行う旨の放送、午前7時30分に地震発生の訓練周知放送を実施します。

3 訓練参加機関

本巣市、国土交通省中部地方整備局越美山系砂防事務所、岐阜県、北方警察署、本巣市議会、本巣消防事務組合、本巣市消防団、市内各自主防災組織、岐阜工業高等専門学校、もとすつなぐ会、(一社)もとす医師会、(一社)もとす歯科医師会、本巣市建設協会、(一社)岐阜県エルピーガス協会本巣支部、本巣市管工事組合、本巣地区トラック協議会、本巣市アマチュア無線クラブ、本巣市赤十字奉仕団

4 訓練想定

8月31日(日)午前7時30分に、養老―桑名―四日市断層帯を震源としたマグニチュード8の地震が発生し、市内では震度6強の揺れが観測され、各地で建物の倒壊や液状化等の甚大な被害が出ているという想定の下、訓練を実施します。

添付ファイル

Adobe Acrobat Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。

平成26年度の訓練の様子

災害対策本部設置訓練

情報伝達や集約、指示系統の確認等を行い、また、協定締結機関への応援要請訓練等を実施しました。今年度は、地震を想定した訓練として、緊急初動特別班の参集訓練を合わせて実施し、大規模地震発生時の初動体制を確認しました。

災害対策本部設置訓練の様子1
災害対策本部設置訓練の様子2

避難誘導・情報収集伝達訓練

自治会の一時避難所へ、避難誘導訓練を実施後、避難および被害情報を集約し、情報伝達訓練を行いました。

避難誘導・情報収集伝達訓練の様子1
避難誘導・情報収集伝達訓練2

各自主防災組織による訓練

各自主防災組織ごとに災害時に備えるため、さまざまな訓練を実施しました。消火訓練や炊き出し訓練、救護訓練などを行いました。

各自主防災組織による訓練の様子1
各自主防災組織による訓練の様子2
各自主防災組織による訓練の様子3
各自主防災組織による訓練の様子4

模擬現地訓練

真正体育センターを会場に、模擬現地訓練を実施しました。岐阜高専と佐合木材が共同開発した避難用テントの展示、国土交通省越美山系砂防事務所・もとすつなぐ会によるパネル展示、赤十字奉仕団による非常炊き出し、本巣消防事務組合による住宅用火災警報器の設置講習、市および管工事組合による給水タンクの展示、市職員による非常食と防災資機材の取扱い講習、家具転倒防止設置器具の設置講習を行いました。

模擬現地訓練の様子1
模擬現地訓練の様子2
模擬現地訓練の様子3
模擬現地訓練の様子4
模擬現地訓練の様子5
模擬現地訓練の様子6
模擬現地訓練の様子7
模擬現地訓練の様子8

お問い合わせ

本庁舎 総務部 総務課 総務係 

TEL: 0581-34-5020

FAX: 0581-34-5034

お問い合わせフォーム