ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

本巣市

スマートフォン表示用の情報をスキップ

セルフメディケーションの推進

[2020年9月14日]

ID:1447

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

セルフメディケーションとは

セルフメディケーションとは「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と世界保健機構(WHO)は定義しています。
具体的には、日頃から自分の健康管理を行い、ちょっとした怪我や、疲労などが原因の体調不良の場合、市販薬の利用や十分な休養をとることで自ら健康維持に努めることです。
セルフメディケーションを行うことは生活習慣病の予防や改善、ひいては医療費の節約につながります。

セルフメディケーションのすすめ

●規則正しい生活をしましょう。
 睡眠不足や不規則な生活は免疫力の低下につながります。また、生活習慣病の原因にもなるため、規則正しい生活を心がけ、十分な睡眠をとりましょう。
●バランスの良い食事、適度な運動を心がけましょう。
 生活習慣病を予防するだけでなく、免疫力が向上する健康な身体作りの基本です。
●健康チェックを行いましょう。
 特定健診やがん検診などを受診し、異常の早期発見に努めましょう。特に生活習慣病は早期発見し、生活習慣を見直すことで改善にもつながることから、特定健診は毎年受診しましょう。
●正確な知識を持って、市販薬を上手に利用しましょう。
 軽いけがや風邪気味などの日頃よく経験する軽度な症状は、市販薬(OTC医薬品)を利用し、自分で手当てしましょう。症状に合わせた的確な薬を正しく利用するためにも、わからないことがあれば薬剤師などの専門家に相談しましょう。

セルフメディケーション税制

医療費控除の特例として、健康増進の取り組みを行う人が、対象となるOTC医薬品を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができます。
申告の方法や、対象となるOTC医薬品一覧など、詳しくは厚生労働省ホームページをご覧ください。
セルフメディケーション税制について別ウインドウで開く〈外部リンク〉(厚生労働省)

お問い合わせ

真正分庁舎 市民環境部 市民課 

TEL: 058-323-7750

FAX: 058-323-1143

お問い合わせフォーム