ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

本巣市

スマートフォン表示用の情報をスキップ

がん検診のご案内

[2024年3月29日]

ID:889

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

がんは1981年以降日本の死亡原因第1位となり、全死因の約3分の1を占めています。
2022年は男性約22万人、女性約16万人が亡くなっています。
また、男性約56万人、女性約43万人と、男女ともに、およそ2人に1人が一生のうちにがんと診断されています(2019年)(国立がん研究センター)。
がんは怖い病気と思われていますが、さまざまな要因によって発症していると考えられており、その中には予防できるものも多く含まれています。
がんになりにくい生活習慣(禁煙、適正飲酒、食事栄養面の改善、適正体重、感染予防等)を心掛けることで、がんの発症を予防することもできます。
現在は医療の発展により、早期発見・早期治療ができれば、高い確率で治癒することができるようにもなってきています。ただし、早期のがんは、ほとんどの場合自覚症状がありません。

がんの早期発見には、がん検診が有効です。定期的にがん検診を受けましょう。

令和6年度 本巣市で実施するがん検診

 感染症の拡大、社会情勢等により、事業が変更になる場合があります。

がん検診一覧表
検診名 対象者
(本巣市に住所を有する人)
実施月 場所 内容 自己負担金
胃がん検診 40歳以上
男女
7月から11月頃
(肺がん検診と同日実施)
市内公共施設 問診
胃部X線検査
(バリウム検査)
1000円
肺がん検診
(胸部レントゲン検診を含む)
40歳以上
男女
7月から11月頃
(検診日は地域によって異なります)
市内公共施設 問診
胸部X線検査
40歳から64歳の方は700円
65歳以上無料
肺がん検診
(胸部レントゲン検診を含む)
40歳以上
男女
7月から11月頃
(検診日は地域によって異なります)
市内公共施設 喀痰検査(希望者のみ) 700円
大腸がん検診 40歳以上
男女
10月から11月頃 指定医療機関 問診
便潜血反応検査(2日法)
    700円
乳がん検診 30歳以上の女性
前年度に受診されていない人
5月から12月頃

市内公共施設

指定医療機関

問診
マンモグラフィ
超音波検査

700円
子宮頸がん検診

20歳以上
女性

前年度に受診されていない人

個別検診(全地域)
6月から11月頃
指定医療機関 問診・診察
子宮頸部細胞診検査
1,500円

医療管理中の人は検診受診対象外です。
乳がん検診と子宮がん検診については、指針により、2年に1度の受診となります。
年度の途中で転入された人は最寄りの保健センターにご相談ください。
子宮頸がん検診、乳がん検診において、特定の年齢の人に対して無料検診を実施します。
詳しくは「令和6年度 無料がん検診のご案内」(下記添付ファイル参照)をご覧ください。

くらしのガイドブック22ページ「成人健診(検診)など」をご覧ください。

お問い合わせ先

  • 本巣保健センター
    電話 0581-34-5028
  • 真正保健センター
    電話 058-320-0153

お問い合わせ

真正分庁舎 健康福祉部 健康増進課 真正保健センター 

TEL: 058-320-0153

FAX: 058-320-0154

お問い合わせフォーム