ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

本巣市

スマートフォン表示用の情報をスキップ

在宅福祉サービス

[2020年11月12日]

ID:803

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

軽度生活援助事業

在宅のひとり暮らし高齢者や高齢者のみの世帯で、介護保険法の要支援・要介護に認定しないと認められた人に、生活援助員が外出時の援助や買い物などの軽易な日常生活をお手伝いします。

利用料

1時間あたり 150円

援助内容・時間

身体状況、世帯状況を勘案のうえ決定します。

寝具消毒乾燥事業

ひとり暮らし高齢者や高齢者のみの世帯および重度身体障がいのある人で、日干しをすることなど寝具類の衛生管理が困難な人に対して、布団などを自宅まで集配して洗濯・乾燥します。

利用できる回数

年6回まで

利用料

年間2回までは無料
3回目以降1回につき1,000円

1回分の内容(各1)

  • 掛け布団
  • 敷き布団
  • 毛布
  • まくら

理髪サービス事業

ねたきり状態などで理髪店や美容院へ出かけることができない人に対して、清潔で衛生的な生活をしていただけるよう、自宅に理髪事業者が出向き、整髪などをします。

利用対象者

ねたきり状態や心身に重度の障がいのある人で、理髪店などへ外出することが困難な人(家族の支援を受けても外出できないなど)

利用できる回数

年4回まで

利用料

1回につき4,000円まで無料(超える分は自己負担)

弁護士相談

地域住民の日常生活の悩みに対し、弁護士による相談援助を行い問題解決に努めます。

  • 真正老人福祉センター 第1水曜日
  • 糸貫ぬくもりの里 第2水曜日
  • 根尾総合庁舎 第3水曜日
  • 本巣老人福祉センター 第4水曜日

利用対象者

本巣市内在住の市民

料金

無料

緊急通報体制支援事業

下記に記載の利用対象者が、在宅時に病気などで緊急に連絡したいときに、緊急通報装置のボタンを押すとコールセンターに繋がり、協力員に安否確認などの要請を行います。
緊急事態には、岐阜市消防本部の指令により消防隊および救急隊が出動し、救護を行います。

利用対象者

次のいずれかに該当し、機器が必要と認められる人

  • 65歳以上のひとり暮らし高齢者
  • 高齢世帯で一方がねたきり高齢者などである世帯
  • 身体障害者手帳(1級から4級)の交付を受けた単身世帯者

※近隣の人3人以上に緊急時の協力員になっていただくことが必要です。

利用料

無料

紙おむつ購入費助成事業(高齢者)

在宅で介護されているねたきり高齢者などのために、紙おむつを購入する費用の一部を助成し、介護している人の経済的負担の軽減を図ります。

利用対象者

本巣市内にお住まいの65歳以上のねたきり、または認知症の状態にあり、おむつを常時使用することが必要と認められる人。
※対象者の世帯のうち申請日の属する年度(申請日の属する月が4月から6月までの場合は、前年度)の市町村民税所得割課税額が16万円以上の人がいる場合は、対象外です。

助成内容

月額5,000円分の「紙おむつ購入費助成券」を毎月発行します。
本巣市内の指定店で「紙おむつ・パンツ式紙おむつ・尿とりパット・介護用おしりふき・介護用からだふき・ゴム製等手袋」を購入していただけます。

ねたきり老人等の介護者慰労金

居宅において、ねたきりなどの高齢者を主に介護されている人に慰労金を支給し、その労をねぎらいます。

受給対象者

本巣市にお住まいで、ねたきりなどの高齢者(要介護3・4・5に認定されている方)と同居し、現に在宅で介護している人。
※ねたきりなどの高齢者が、入院・入所等により支給対象月中に在宅で介護を受けていない人、特別障害者手当を受給している人、短期入所生活介護(ショートステイ)を1か月の内16日以上利用した場合は対象とはなりません。

支給額

月額 8,000円
※「本巣市商品券発行事務組合」が発行する「もとまる商品券」にて支給します。

対象月および申請月等

対象月および申請月一覧
上期下期
対象月3月から8月9月から2月
申請期間8月1日から8月末日2月1日から2月末日
支給月9月下旬3月下旬

克雪対策事業補助金

高齢者世帯が居住する家屋の克雪対策(屋根雪おろし事業・ひさし補強事業)に要する経費の一部を助成し、冬季の生活および身体の安全確保を図ります。

対象者

  • 70歳以上の高齢者のいる世帯(18歳以上70歳未満の当該高齢者以外の男性が同居する世帯を除く)
  • 身体障害者手帳(1級から3級)の交付を受けた人がいる世帯(18歳以上70歳未満の当該障がいのある人以外の男性が同居する世帯を除く)
  • 母子または寡婦家庭世帯
  • その他市長が特別に認める世帯

助成対象経費

屋根雪下ろし事業

  • 補助率
    対象経費の2分の1
  • 補助限度額
    屋根雪下ろしが必要な降雪1回につき10,000円(生活保護世帯等は20,000円)
    ※直系三親等以内の親族に依頼するものは除く

ひさし補強事業

  • 補助率
    対象経費の2分の1
  • 補助限度額
    50,000円(生活保護世帯等は100,000円)
    ※ひさし補強事業で補助を受けた世帯は、その年度から起算して10年間は補助を受けることができません
    ※間伐材を積極的に利用すること

生活管理指導短期宿泊事業

概ね65歳以上の人で、在宅で生活するときにおいて、基本的生活習慣が欠如していたり、対人関係が成立しないなど、日常生活を営むのに支障がある人に対して、養護老人ホームで短期間の宿泊をし、日常生活の生活習慣病などの指導を行います。

個人負担額

1日 1,392円(食事相当額)

利用期間

原則として1週間程度

利用施設

養護老人ホーム 大和園

高齢者タクシー利用助成事業

在宅において高齢者がタクシーを利用する際の助成を行います。

対象者

市内在住の75歳以上の高齢者で、運転免許を持っていない人。
ただし、次の場合は対象外とします。

対象外

  • 同一世帯内に、75歳以上で運転免許を持っている人がいる場合
  • 社会福祉施設等に入所している場合
  • 病院に入院している場合
  • 本巣市高齢者タクシー利用助成事業実施要綱および本巣市重度障がい者タクシー利用助成事業実施要綱の規定により、乗車券の返還を求められたことがある場合

助成内容

  • 500円の乗車券を1カ月4枚、年度末(3月末)までの分を交付します。年度途中の申請の場合は、申請月から残りの月までの交付となります。

その他の注意点は以下のとおりです。

  • 利用できる枚数は1回のご乗車につき2枚です。
  • 対象者本人が乗車するときのみ利用できます。
  • 紛失、盗難などの場合も含め、乗車券は再発行しません。
  • 通院等乗降介助の費用など、介護保険法または障害者総合支援法に基づくサービスに関する利用負担分については、使用できません。
  • 同月の利用枚数に制限はありません。

申請場所

真正分庁舎 福祉敬愛課 高齢福祉係

本庁舎    地域調整課

糸貫分庁舎 地域調整課

根尾分庁舎 総務産業課


持ち物

  • 印鑑
  • 申請者の本人確認書類

※審査後、後日、担当課より対象者ご本人宛に乗車券を郵送します。

利用可能タクシー会社等

本巣市と協定書を締結した会社に限ります。協定締結会社一覧表は下記添付ファイルをご覧ください。

利用方法

タクシーに乗ったら「高齢者タクシー乗車券を使用する」と伝えてください。
料金の精算時、タクシー乗車券1枚(500円分)または2枚(1,000円分)を提出し、超過した金額を自己負担としてお支払いください。
※助成額は後日、タクシー会社が市役所に請求します。
※料金が500円または1,000円に満たない場合、おつりは出ません。

運転免許証自主返納高齢者支援事業

本巣市内在住の75歳以上の高齢者で、運転免許証を自主返納した人。ただし免許取り消しとなった人は対象外です。

助成内容

対象者に対し、樽見鉄道の乗車券(片道全区間有効)を申請月から年度末までの月4枚(年最大48枚)交付します。

申請方法

運転免許の取消通知書または運転経歴証明書を持参の上、下記の申請場所で申請しててください。対象者であることを確認後、樽見鉄道乗車券を交付します。

申請場所

真正分庁舎 福祉敬愛課 高齢福祉係
本庁舎    地域調整課
糸貫分庁舎 地域調整課
根尾分庁舎 総務産業課

認知症高齢者等見守りシール交付事業

認知症高齢者等見守りシール交付事業については「認知症に関すること」のページをご覧ください。

認知症に関すること別ウインドウで開く

認知症高齢者等個人賠償責任保険事業

認知症高齢者等個人賠償責任保険事業については「認知症に関すること」をご覧ください。

認知症に関すること別ウインドウで開く

お問い合わせ

真正分庁舎 健康福祉部 福祉敬愛課 高齢福祉係 

TEL: 058-323-7754

FAX: 058-323-1445

お問い合わせフォーム