観光(かんこう)リンク(しゅう)

大自然(だいしぜん)とふれあう(わたし)たちの(さと) 富有(ふゆう)(かき)(さと)

(あか)(いろどり)古墳(こふん)(かん)

 

(ふね)来山(らいざん)272(ごう)(ふん)復元(ふくげん)

 

赤彩古墳の館


(ふね)来山(らいざん)272(ごう)(ふん)(あか)(いろどり)古墳(こふん))について 
 

 (ふね)来山(らいざん)古墳(こふん)(ぐん)代表(だいひょう)する272(ごう)(ふん)は、広大(こうだい)濃尾平野(のうびへいや)をのぞむ尾根(おね)()(みなみ)斜面(しゃめん)位置(いち)し、古墳(こふん)がもっとも密集(みっしゅう)するO()(ぐん)にあたる。小規模(しょうきぼ)ながらも(ひがし)幅広(はばひろ)(しゅう)(ほり)をもつ(えん)(ふん)推定(すいてい)される。(みなみ)開口(かいこう)した横穴(よこあな)(しき)石室(いしむろ)主体(しゅたい)()で、その(うえ)(はん)部分(ぶぶん)欠損(けっそん)していたものの、()盗掘(とうくつ)にちかい状態(じょうたい)発掘(はっくつ)された。  玄室(げんしつ)平面(へいめん)(かたち)は、ほぼ2m×5mの「羽子板(はごいた)(かたち)」を(てい)するが、石室(いしむろ)全体(ぜんたい)(かた)(そで)(がた)(しめ)している。そして玄室(げんしつ)()かって、入口(いりぐち)部分(ぶぶん)からは一段(いちだん)()がる特徴(とくちょう)(しめ)す。これは北部(ほくぶ)九州(きゅうしゅう)盛行(せいこう)する「竪穴(たてあな)(けい)(よこ)(くち)(しき)」の系譜(けいふ)のなかで(しょう)じた、独自(どくじ)(せい)(つよ)形態(けいたい)である。

0支群空中写真
▲0()(ぐん)空中(くうちゅう)写真(しゃしん)

 注目(ちゅうもく)すべきは、石室(いしむろ)内部(ないぶ)全面(ぜんめん)()られた赤色(あかいろ)顔料(がんりょう)(ベンガラ)である。内部(ないぶ)四面(しめん)入念(にゅうねん)(ぬり)(いろどり)がなされ、天井(てんじょう)部分(ぶぶん)での証拠(しょうこ)確認(かくにん)されていて(しん)に“(あか)世界(せかい)”である。これは死後(しご)世界(せかい)(あか)(まも)られる信仰(しんこう)なのであろうか。  さらに272(ごう)(ふん)東西(とうざい)には、ほぼ等間隔(とうかんかく)存在(そんざい)する2()(19・274(ごう)(ふん))でも(あか)(いろどり)(みと)められ、同族(どうぞく)(けい)古墳(こふん)推測(すいそく)される。いずれも6世紀(せいき)(ぜん)中頃(なかごろ)(やく)1500〜1450(ねん)(まえ))に(きず)かれたと(おも)われる。このうち、272(ごう)(ふん)と19(ごう)(ふん)では、ガラス(せい)トンボ(だま)雁木(がんぎ)(だま)出土(しゅつど)して大変(たいへん)注目(ちゅうもく)されている。

石室内部
入り口(いりくち)から()石室(いしむろ)内部(ないぶ)様子(ようす)

 なお、復元(ふくげん)作業(さぎょう)には、発掘(はっくつ)()再現(さいげん)(つと)めたが、石組(いしぐみ)のズレなどを考慮(こうりょ)し、(とく)東側(ひがしがわ)(かべ)部分(ぶぶん)(おお)くを補足(ほそく)修正(しゅうせい)した。 ◆玄室(げんしつ)(ちょう) 5.05m ◆玄室(げんしつ)(はば) 2.10m ◆玄室(げんしつ)現高(げんだか) (1.75m)

赤彩の様子
(あか)(いろどり)様子(ようす)

この古墳(こふん)からは首飾(くびかざ)りと(おも)われるガラス(せい)のトンボ(だま)23()、その()水晶(すいしょう)(せい)切子(きりこ)(たま)(とう)()つかりました。(「古墳(こふん)(かき)(かん)」に展示(てんじ)(ちゅう)) トンボ(だま)は、青色(あおいろ)のガラス(だま)黄色(きいろ)のガラス小玉(こだま)破片(はへん)が3・4箇所(かしょ)溶着(ようちゃく)してあります。

トンボ玉

 

 (あか)(いろどり)古墳(こふん)発掘(はっくつ)(れい)は、西濃(せいのう)に2(れい)(きゅう)上石津(かみいしづ)(まち)二又(ふたまた)(ごう)(ふん)池田(いけだ)(まち)南高野(みなみこうや)古墳(こふん)滋賀(しが)(れい)(きゅう)中主(ちゅうず)(まち)木部(きべ)天神前(てんじんまえ)古墳(こふん))その()ありますが、「実見(じっけん)」できるのはこの(ふね)来山(らいざん)272(ごう)(ふん)だけです。
 当時(とうじ)のような(あざ)やかさはありませんが、それでも保存(ほぞん)状態(じょうたい)がよく、ライトアップによって()かびあがる“(あか)世界(せかい)”はとても幻想(げんそう)(てき)なものです。

 

石室(いしむろ)(ない)副葬品(ふくそうひん)土器(どき))は、糸貫(いとぬき)陶芸(とうげい)クラブ会員(かいいん)により復元(ふくげん)複製(ふくせい))していただいたものです。

副葬品(ふくそうひん)については、発掘(はっくつ)()状態(じょうたい)とは(こと)なり、見学(けんがく)(てき)した配置(はいち)になっておりますのでご了承(りょうしょう)ください。


()利用(りよう)案内(あんない)

開館(かいかん)() ()指定(してい)する()
開館(かいかん)時間(じかん) 午前(ごぜん)9()午後(ごご)4()

(「古墳(こふん)(かき)(かん)」の入館(にゅうかん)(りょう)入館(にゅうかん)できます。)

 


【お問い合(といあ)わせ(さき)

〒501-0494 岐阜(ぎふ)(けん)本巣(もとす)()下真桑(しもまくわ)1000番地(ばんち)
本巣(もとす)()教育(きょういく)委員(いいん)(かい) 社会(しゃかい)教育(きょういく)()
TEL: 058-323-7764

1つ(じょう)階層(かいそう)