SDGs職員向け研修会を開催しました(令和元年11月6日)

  本巣市まち・ひと・しごと創生総合戦略で掲げる「日本一住みよいまち」を目指して、持続可能で成長するまちづくりを続けていくために、全庁的なSDGsの推進として職員がSDGsの本質を理解し、その視点を今後の市政に生かすことを目的として、課長補佐・係長級の中堅職員を対象に、カードゲーム「2030SDGs」公認ファシリテーターの 辻 晃一 氏を講師に招き研修会を開催しました。

  初めてSDGsに触れ、その本質を理解するには、カードゲーム「2030SDGs」の体験は有効であり、今後、より踏み込んだSDGsの理解に繋げられると感じました。

 

 

研修内容

  SDGsの本質を理解するワークショップ

  ・SDGsのポイント説明

  ・カードゲーム「2030SDGs」を活用したワークショップ

  ・ワークショップの振り返り

 

※カードゲーム「2030SDGs」とは?

  SDGsの本質を体験的に理解するためのゲームで、SDGsの17の目標を達成するために、現在から2030年までの道のりをカードゲームを活用して体験します。与えられたお金と時間を使ってプロジェクト活動を行い、それぞれに与えられたゴールを目指します。プロジェクトの実行により、世界の状況を表す、経済・環境・社会の3つのメーターが刻々と変化し、最終的に2030年に創り出される世界が表わされます。

 

 

研修風景

SDGsのポイント説明

SDGsのポイント説明

 

カードゲーム「2030SDGs」体験

カードゲーム「2030SDGs」体験

 

カードゲーム「2030SDGs」体験

カードゲーム「2030SDGs」体験

 

カードゲーム「2030SDGs」体験

カードゲーム「2030SDGs」体験

 

a

ワークショップの振り返り

 


企画財政課 TEL0581-34-5024 FAX0581-34-3273

1つ上の階層へ