インターネット3ない運動

 

本巣市青少年育成市民会議は、インターネットの間違った使い方によって、悲しい思いをする子どもがいなくなるように、「インターネット3ない運動」を提唱しています。

地域・家庭・学校が連携して取り組みましょう。

 

 

私たちは、親子で約束を決め

 

誰かが悲しい思いをするような書き込みや画像の投稿をさせない!


危険なサイトへのアクセスや違法なダウンロードをさせない!


9時以降はインターネットを使わせない!


 

中学生によるネット人権宣言

本巣市内全ての中学校では、生徒会による「ネット人権宣言」が採択されています。

 

本巣市生徒会連合(根尾中・本巣中・糸貫中・真正中連合会)

 

ネットを利用するときは、相手の立場や気持ちを考えた使い方をします。

 

●「自分がされて嫌なことは、相手も嫌である。」と考えて行動しましょう。

●思いやりの心をもち、うれしい言葉で伝え合おう。

●困ったときは、話し合おう。身近な人に相談しよう。

●ネットの危険性や被害について学び合おう。

 

保護者の方へ

 

健全な青少年を育成するためには、地域・家庭・学校が、それぞれの役割と責任を果たすことが大切です。

「ネット3ない運動」「ネット人権宣言」にかかわって、家庭でできることを話し合い「話そう!語ろう!わが家の約束」運動に取り組みましょう。

お子様と一緒に、家庭で話し合って約束を決め、約束を守って利用しているかを見届けましょう。

また、心配なことがあれば、保護者や先生など信頼できる大人に相談するように伝えてください。

子どもから相談を受けたら、必要に応じて、各小中学校・北方警察署・本巣市教育委員会など関係機関までご連絡ください。

 

 

家庭での取り組み実践例

(1)子どもと話し合い「わが家の約束」を決めましょう。

例えば、

・携帯、スマホ(タブレット・ゲーム機など)を使うときは、家族と一緒に使います。

・携帯、スマホの使用は、夜9時までにします。

・携帯、スマホの使用は、宿題が終わってからにします。

(2)子どもと決めた「わが家の約束」を家族が見える場所(リビング等)に掲示しましょう。

(3)「わが家の約束」を話題にして、自尊心や自立心を尊重しつつ、家族の会話を増やしましょう。

 

 

add_shakai_kyouiku.jpg

1つ上の階層へ