教育・文化・スポーツ

文化財

無形民俗文化財

国指定 2件

のうごののうきょうげん

能郷の能・狂言

所在地

根尾能郷(白山神社)

指定年月日

昭和51年5月4日

能郷の猿楽衆の16戸により国土安穏、五穀豊穣、家内安全を祈って奉納されてきた神事芸能で、猿楽衆は能方・狂言方・囃子方とそれぞれの家で世襲的に口伝えで受け継いできた。現在の流派が固定する以前の能の源流が、そのままの形で残されている。毎年4月13日、氏神白山神社の祭礼に奉納される。

まくわにんぎょうじょうるり

真桑人形浄瑠璃

所在地

上真桑

指定年月日

昭和59年1月21日

時  代

江戸時代(元禄)

真桑文楽。元禄年間に根尾川用水をめぐる真桑・席田両井組の水争いを解決し井水の制を確立したのが福田源七郎で、その功を讃えて「義農源七郎」という外題の操人形芝居を上演したのがその起源であると伝えられる。毎年3月の物部神社の祭礼(春分の日)とその前夜に上演される。

 

県指定 2件

たるみのじゅういちにちまつり

樽見の十一日祭

所在地

根尾樽見(白山神社)

指定年月日

昭和54年6月15日

毎年旧暦の1月11日に行われる。起源は不明であるが、白山信仰の農耕神事としての素朴な姿が伝承されている。前日には神箸作り、田楽作り、競射用の矢・弓の的作り、当日は神前の儀、直会、競射、サイコロ占いの神事が行われる。

ながやじんじゃのさいれいぎょうじ

長屋神社の祭礼行事 (馬駆け祭)

所在地

長屋(長屋神社)

指定年月日

平成2年11月20日

時  代

室町時代(天文)

8月2日に行われる祭礼行事は、神輿の渡御、馬の集落めぐり、一本茶漬け、山車の引き出し、馬駆けである。馬駆けの神事は神社の境内を3回駆け抜け、祭りの最後を飾る。

 

市指定 7件

かどわきのあまごいおどり

門脇の雨乞踊り(あまごいおどり)

所在地

根尾門脇(八幡神社)

指定年月日

昭和53年12月6日

時  代

約700年前

起源は定かではないが、言い伝えでは約700年前から奉納され、源氏の武士達が氏神八幡神社に集まり戦勝と武運長久を祈願する神事を奉納したのがこの地の農民に引き継がれ、干ばつ時の雨乞い踊りの神事へと変化したという。現在は秋の例祭に踊り奉納する。

おおすのぼんおどり

大須の盆踊り

所在地

根尾下大須

指定年月日

昭和53年12月6日

時  代

約700年前

起源は定かではないが、踊りのなかに武家の元服出陣を祝福するものがあり、また根尾の地蔵尊に刻まれた「清和源氏」「養和元年」の文字 により約800年前に始まったと推定できる。祖先の霊を慰め、子孫の繁 栄を祈るため毎年お盆を中心に歌い踊る。

かすがじんじゃのこめかしまつり

春日神社の米かし祭

所在地

仏生寺

指定年月日

昭和57年2月2日

時  代

江戸時代(寛永18)

春日神社の祭神と席田用水に貢献した人達へ感謝すると共に、五穀豊穣を祈願する祭事である。春分の日、本巣市山口の真桑・席田用水取水口まで走り、糸貫川に入って米をとぎ水を汲む。そして春日神社まで戻り「おみごく」をつくり奉納する。

きたのじんじゃたいさいしんじ

北野神社大祭神事

所在地

政田

指定年月日

昭和58年6月30日

時  代

江戸時代

建保年間(1213-1218)に土岐次郎光俊という人物が一社を建て、大日霊貴命を祀ったがその称をアマツカミ即ち天神と呼んだために菅原道真を合祀し北野神社と呼ぶようになった。毎年春分の日に氏子の伝統的信仰に支えられた大祭神事が行われる。

はちまんじんじゃのかゆづけうらない

八幡神社の粥づけ占い

所在地

上高屋

指定年月日

平成元年2月2日

時  代

江戸時代(元和7)

その年の農作物の作柄を占う神事で、旧暦1月15日に行われる。竹の束を入れて粥を作る。祈願のあと、竹の管の中の粥や小豆の量により、12種類(閏年は13種類)の作物の作柄を6段階に分けて判定する。

とくやまじんじゃげんぷくしき

徳山神社元服式

所在地

文殊

指定年月日

平成3年7月15日

時  代

室町時代

毎年、成人の日に徳山神社で行われる。元服式の対象は中学3年生の男女で、産土神(うぶすなのかみ)に成人としての自覚と心構えを誓願する。廃村となった徳山村で室町時代より受け継がれ行われてきた元服式を復興したものである。

きんばらががくかい

金原雅楽会(ががくかい)

所在地

金原

指定年月日

平成3年7月15日

時  代

大正時代

大正4年4月、円勝寺の本堂再建の落成法要に際し、円勝寺住職ならびに門徒総代会の発案により結成。岐阜別院や各地の仏事、神事祭礼に奏楽ぎふ中部未来博や名古屋デザイン博にも参加し、多くの人々を魅了した。

 


 

教育委員会 社会教育課 (真正分庁舎)  TEL  058-323-7764 FAX  058-323-2964

1つ上の階層へ