第23回岐阜県文楽・能大会もとす2018

 テーマ「未来におくる宝物ー郷土の芸能、心と技ー」

11月3日(土・祝)盛大に開催されました。

入場者数 464人

岐阜県内で受け継がれてきた伝統文化の「心」と「技」が披露され、来場された観客は

文楽・能の魅力に惹きこまれていました。

 

CIMG8266.JPG CIMG8264.JPG CIMG8270.JPG

 

CIMG8276.JPG CIMG8274.JPG

 

CIMG8277.JPG IMG_4091.JPG

 

 

IMG_4186.JPG IMG_4327.JPG

 

 

 

 

幕間に行われた文楽・能のクイズ大会の解答と解説

問題1 文楽では、浄瑠璃を語る方を太夫といいます。

では、その太夫が語るための台本を「床本」という

→ 解答 〇 床本といいます。

 

問題2 文楽の演目(外題)は3つジャンルにわけることができます。

そのジャンルとは「世話物」「時代物」「狂言」である。

→ 解答 × 「狂言」ではなく、「景事(けいごと)」です。

 

問題3 文楽で使われる人形は各パーツに分離可能な精巧なからくりです。

人形の頭の部分を指すパーツのことを「首(かしら)」という。

→ 解答 〇 頭の部分を「首(かしら)」といいます。

 

問題4 文楽にはかかせない三味線。三味線には太棹、中棹、細棹の

三種類がありますが、文楽で使用するのは「細棹」である。

→ 解答 × 主に太棹が使用されます。

 

問題5 「真桑人形浄瑠璃」は国指定重要無形民俗文化財ですが、県内で

「文楽」「能」ともに国指定を受けているのは本巣市のみである。

→ 解答 〇 本巣市のみが両方とも国指定を受けています。

なお、国指定重要無形民俗文化財は全部で303件あり、

その中の「真桑人形浄瑠璃」と「能郷の能・狂言」の2件

が本巣市です。

 

会場で出題した3択問題の解答と解説

問題6 「傾城阿波の鳴門」に登場した十郎兵衛とお弓の子の名前は?

→ 解答 1おつる 十郎兵衛とお弓の子供の名前はおつるです。

 

問題7 「蓮如上人一代記」に登場した姑婆が顔にかぶったのは?

→ 解答 2鬼の面 鬼の面がはずせなくなってしまいました。

 

問題8 「生写朝顔日記」の朝顔(深雪)が、大井川を渡れなかった理由とは?

→ 解答 3大雨のため  大井川の船場は大雨でした。

 

問題9 「二人三番叟」は祝福舞で3つの祈願の意味合いがあります。

『天下泰平』『国土安穏』そしてもうひとつは?

→ 解答 1『五穀豊穣』 これらの3つが祝福舞の祈願となります。

 

問題10 「能郷の能・狂言」は毎年同じ日に白山神社の祭礼で奉納されます。

いつでしょうか?

→ 解答 2 4月13日  桜が舞う4月に実施されます。

 

 

kenbunnraku.jpg

上記ポスターのダウンロードはこちらから<PDFファイル:939キロバイト>

 

 

日時

平成30年11月3日(日) 開場 午前11時45分 開演 午後0時00分

場所

本巣市民文化ホール

入場料

入場無料

※全席自由席

上演外題

・オープニングセレモニー 「傾城阿波の鳴門 巡礼歌の段」(真正中学校真桑文楽同好会)

・「蓮如上人一代記 嫁威の段」(真桑文楽保存会【本巣市】)

・「生写朝顔日記 宿屋より川場ノ段」(恵那文楽保存会【中津川市】)

・「二人三番叟」(大井文楽保存会【恵那市】)

・「百姓狂言 丹波淡路」(能郷の能・狂言保存会【本巣市】)

・「羅生門」      (能郷の能・狂言保存会【本巣市】)

 

主催

第23回岐阜県文楽・能大会もとす2018実行委員会

本巣市・恵那市・中津川市

 

問い合わせ

本巣市教育委員会社会教育課 文化・スポーツ振興係 電話058-323-7764

 

 

1つ上の階層へ