トップ  市民の方へ  公共交通  公共交通に関する取り組み  標準的なバス情報フォーマット

経路検索の充実に向けたデータ整備について

本巣市では、国土交通省が定めた「標準的なバス情報フォーマット」に準拠したGTFS形式のデータを整備しました。 

   

標準的なバス情報フォーマットとは

インターネット等の経路検索におけるバス情報拡充のため、国土交通省が2017年3月にバス事業者と経路検索事業者との間でデータの受け渡しをするための「標準的なバス情報フォーマット」を定めました。

 GTFS(General Transit Feed Specification)とは、公共交通機関の時刻表とその地理的情報に使用される共通形式を定義したもので、当初はGoogle社向けのフォーマットとして作成されていました。現在はオープン化され、誰もが使用できるものとなっています。

 バス停の位置情報、時刻表、ルートなどの複数のCSVファイルが一つのZIPファイルに格納されています。

 

GTFSデータ

●2018年10月1日から2019年9月30日運行分

 

※データの活用をご希望の場合は、下記へお問い合わせください。ZIPファイルで送付いたします。

※利用者がデータを用いて行う一切の行為について、市はいかなる責任も負いません。

 


 

 

総務課(本庁舎)TEL0581-34-5020 FAX0581-34-5034

1つ上の階層へ