トップ  市民の方へ  住まい・水道・環境保全  市内の放射線量の測定結果

市内の放射線量の測定結果

本巣市内において、空間放射線量を測定しましたので測定結果をお知らせします。

市内の放射線量測定

測定方法

○測定方法 簡易放射線量測定器による測定

○測定機器 Mr.Gamma A2700型 (クリアパルス株式会社)

○測定場所 (1) 市役所真正分庁舎、根尾分庁舎にて地表より50センチメートル、1メートルの高さで測定

(2) 市内小中学校にて地表より50センチメートル、1メートルの高さで測定

(3) 市内幼児施設にて地表より50センチメートル、1メートルの高さで測定

○測定頻度 (1) 毎週1回測定

(2) 毎学期1回測定

(3) 毎学期1回測定

 

 

 

測定結果

(1)真正分庁舎H23

真正分庁舎H24

真正分庁舎H25

真正分庁舎H26

真正分庁舎H27

真正分庁舎H28

真正分庁舎H29

 

根尾分庁舎H23

根尾分庁舎H24

根尾分庁舎H25

根尾分庁舎H26

根尾分庁舎H27

根尾分庁舎H28

根尾分庁舎H29

 

(2)市内小中学校H23

市内小中学校H24

市内小中学校H25

市内小中学校H26

市内小中学校H27

市内小中学校H28

 

(3)市内幼児施設H23

市内幼児施設H24

市内幼児施設H25

市内幼児施設H26

市内幼児施設H27

市内幼児施設H28

 

※国際放射線防護委員会(ICRP)が定める放射線による年間被ばく量の目標値は年間1ミリシーベルト以下であり、1時間あたりに換算すると0.19マイクロシーベルト以下になります。

 

[計算式] 

1日のうち屋外に8時間、屋内(遮蔽効果のある木造家屋、低減係数0.4)に16時間大祭するという生活パターンを仮定した場合

1mSv/年 ÷ 365日 ÷ (8時間 + 0.4 × 16時間) × 1000 = 0.19μSV/時

 

 

※測定値については簡易測定器を使用しているため、あくまで参考値であり、文部科学省などが行っているモニタリングポストでの測定値と比較できません。また、測定値については天候、周辺の環境により影響を受けることがあります。

 

 

岐阜県の環境放射線測定結果について

岐阜県では県内に設置したモニタリングポストの測定データを常時公開しています。

 

・岐阜県の環境放射線の測定結果について【環境管理課】

岐阜県内の環境放射線・水道水放射性物質の測定結果

 

岐阜県放射線監視ネットワークシステムによる現在の測定値

 

 

・全国の放射線モニタリング情報等については文部科学省ホームページをご覧ください。 

文部科学省 東日本大震災関連情報

 

 

 

測定器の貸し出し

上記の測定で使用しているものと同型の放射線測定器の貸し出しを行っています。使用されたい方は生活環境課までお問合せください。

貸し出しの注意事項は以下のとおりです。

 

○貸し出し期間は4日間以内です。

○本巣市民(法人不可)が市内での測定のみに使用できます。

○事業目的での使用はできません。

○簡易の測定器のため測定数値は参考値です。

○測定器は精密機械です。取り扱いには十分注意してください。

 

<貸し出し時に必要なもの>

貸し出し時には窓口で申請書を記入して頂きます。以下の物を持参して下さい。

 ○印鑑

 ○本人確認書類(運転免許書等の写し)

 


 

生活環境課(真正分庁舎) TEL 058-323-7751 FAX 058-323-1143

 

 

小中学校及び幼児施設の放射線量については、それぞれ下記へお問い合せください。

小中学校

add_gakkou_kyouiku.jpg

幼児施設

add_jidou.jpg

1つ上の階層へ