トップ  市民の方へ  住まい・水道・環境保全  ペットについて  犬の登録、狂犬病、猫の飼い方

住まい・水道・環境保全

犬の登録、狂犬病、猫の飼い方

犬の登録と狂犬病予防注射について

生後91日以上の犬を飼われた方は、「狂犬病予防法」により取得した日から30日以内に登録をしなければなりません。また、毎年1回、4月から6月までの間に、狂犬病の予防注射を受けさせなければなりません。

 

各種申請届出様式

新しく犬を飼われた方、犬の転入・転出に伴う住所等の変更がある場合は下記の申請書に必要事項等を記入して市役所まで提出お願いします。

 

〇新しく犬を飼われた場合

様式第1号 犬の登録申請書 犬の鑑札・狂犬病予防注射済票交付申請書(記入例あり)<PDFファイル:91キロバイト>

 

〇動物病院で狂犬病予防注射を行い、予防注射済票を申請する場合

様式第2号 狂犬病予防注射済票交付申請書(記入例あり)<PDFファイル:89キロバイト>

 

〇飼っていた犬が亡くなった場合 (※電話でも受け付けます。生活環境課 058-323-7751)

様式第3号 犬の死亡届(記入例あり)<PDFファイル:111キロバイト>

 

〇転入・転出などに伴い飼っている犬の住所等が変更した場合

様式第4号 犬の登録事項変更届出書(記入例あり)<PDFファイル:119キロバイト>

※犬の登録事項変更届出書の提出先は転入先の市町村となります。

 

〇犬の鑑札・狂犬病予防注射済票を紛失して再発行を希望する場合

様式第5号 犬の鑑札・狂犬病予防注射済票再交付申請書(記入例あり)<PDFファイル:104キロバイト>

 

 

犬の登録

生後91日以上の犬を飼われた方は、取得した日から30日以内に、登録申請を行ってください。

1頭につき登録手数料が3,000円必要です。

 

登録の手続きは以下の場所で行えます。

・真正支所地域調整課(真正分庁舎)

・根尾総合支所総務産業課(根尾分庁舎)

・本巣支所地域調整課(本庁舎)

・糸貫支所地域調整課(糸貫分庁舎)

・集合注射会場

・動物病院

 

 

狂犬病予防注射

生後91日以上の犬の飼い主は、毎年1回4月1日から6月30日の間に、集合注射会場もしくは動物病院にて狂犬病の予防注射を受けてください。

注射にかかる料金は以下のとおりです。

 

[1]新たに犬を飼う場合(新規)

・登録料   3,000円

・注射済票     550円

・注射代   2,600円

────────────────

合 計   6,150円

 

[2]今年も引き続き注射する場合(登録済)

・注射済票    550円

・注射代   2,600円

────────────────

合 計   3,150円

 

※上記の料金は集合注射での場合です。動物病院で接種する場合は各病院にお問い合わせください。

 

 

◇平成30年度 狂犬病予防集合注射の日程◇

 

本巣市では、4月9日から19日までの間、市内を巡回して犬の登録と狂犬病予防注射を行います。

平成30年度の日程は以下のとおりです。

※登録済みの方には直接案内ハガキを送付します。

 

月 日 時 間 実施会場  対象地域
 4/9(月)  10:00 から 10:20 まで  木知原集出荷場前  本巣
 10:40 から 10:55 まで  川内公民館前
 11:10 から 11:20 まで  木倉公民館前
 11:35 から 11:45 まで  金原公民館前
 11:50 から 12:00 まで  鍋原公民館前
 13:30 から 13:45 まで  神海公民館前
 14:00 から 14:45 まで  向道集出荷場前
 4/10(火)  10:00 から 11:00 まで  宝珠集出荷場前
 11:10 から 11:50 まで  宝珠ハイツ集会場前
 13:30 から 14:30 まで  市役所本庁舎 北車庫前
 4/11(水)  10:00 から 10:40 まで  浅木公民館前  真正
 10:50 から 11:20 まで  溝口公民館前
 11:30 から 12:00 まで  真正スポーツセンター駐車場
 13:30 から 14:30 まで  JAぎふ 真正支店 選果場前
 4/12(木)  10:00 から 10:40 まで  旦内北公民館前
 10:50 から 11:05 まで  北方真桑駅前
 11:15 から 11:35 まで  八ツ又公民館前
 13:30 から 14:30 まで  市役所真正分庁舎 北駐車場
 4/13(金)  10:00 から 10:40 まで   土貴野ばら公園  糸貫
 10:55 から 11:20 まで  小弾正研修センター
 13:30 から 14:30 まで  市役所糸貫分庁舎 駐車場
 4/16(月)  10:00 から 10:20 まで  石神集荷場前
 10:35 から 10:45 まで  長屋公民館前
 10:55 から 11:35 まで  一色ほたる公園前
 13:30 から 14:10 まで  見延公民館前
 14:25 から 14:50 まで  防災コミュニティーセンター前
 4/17(火)  10:00 から 10:50 まで  上保公民館前
 11:00 から 11:30 まで  CCNet本巣局(旧JA席田)
 13:30 から 13:55 まで  北野春近集出荷場前
 14:05 から 14:30 まで  仏生寺公民館前
 4/18(水)  10:00 から 10:05 まで  黒川工務店前  根尾
 10:15 から 10:20 まで  天神堂集会所前
 10:30 から 10:35 まで  所和徳氏宅前
 10:45 から 10:55 まで  八谷集会所前
 11:05 から 11:15 まで  所商店前
 11:25 から 11:30 まで  春日神社前
 13:30 から 13:55 まで  川口實雄氏宅前
 14:05 から 14:20 まで  西光寺前
 14:30 から 14:45 まで  根尾幼児園前
 4/19(木)  10:00 から 10:20 まで  板屋集会所前
 10:40 から 10:45 まで  松田集会所前
 11:05 から 11:10 まで  奥谷集会所前
 11:30 から 11:35 まで  門脇集会所前
 11:45 から 12:00 まで  中消防詰所前
 13:30 から 13:50 まで  市役所根尾分庁舎駐車場

 

犬の体調が悪く予防注射を打てない時

高齢・病気・妊娠などの理由により獣医師に狂犬病予防注射を打てないと診断された場合には、「狂犬病予防注射実施猶予証明書」を発行してもらい、本巣・糸貫・真正支所地域調整課もしくは根尾総合支所総務産業課までお持ちください。猶予証明書が提出された年度に限り、予防注射が免除されます。

※集合注射会場では猶予に関する診断は受けられません。かかりつけの動物病院で診断を受けてください。

 

 

登録事項の変更について

氏名・住所など登録事項に変更があった場合は、登録事項変更届の提出が必要になります。生活環境課へご連絡ください。

登録の変更がされていないと、予防注射のハガキ等の案内が届かない可能性がありますのでご注意ください。

 

 

登録の変更が必要な内容

・犬の所在地の変更

・飼い主の氏名・住所の変更

 

 

転入・転出について

市外から転入する場合

転入する前に犬を登録していた市町村の鑑札を、本巣・糸貫・真正支所地域調整課もしくは根尾総合支所総務産業課へお持ちください。無料で本巣市の鑑札を交付します。

 

市外へ転出する場合

本巣市の鑑札を持参の上、転入先の市町村で手続きをしてください。本巣市での手続きは必要ありません。

 

 

犬が死亡した場合

飼っている犬が死亡した場合は、死亡届の提出が必要になります。電話での連絡でも受け付けますので、生活環境課(電話:058-323-7751)までご連絡ください。死亡届が提出されないと、予防注射の案内ハガキが送付されることになりますので、飼い犬が死亡した場合は必ず手続きをしてください。

 

ねこを含め犬などペットの亡きがらの火葬処理については、近隣市外の火葬場を紹介しますので、ご自身で探すことができない、わからない場合は生活環境課(電話:058-323-7751)へご連絡ください。

 

犬・猫の飼い方

犬の飼い主の方へ(保健所パンフレット)<PDFファイル:479キロバイト>

 

猫の飼い主の方へ(保健所パンフレット)<PDFファイル:491キロバイト>

 

 

犬の放し飼いはやめましょう

犬の放し飼いは、フン害や人に危害を与える恐れもあり危険です。飼い犬自身が事故にあうかもしれません。また犬の好きな人ばかりではありません。

犬を飼う際は、鎖等をつなぐか、柵やおりの中で飼うなどし、周囲の迷惑にならないようにしましょう。

 

 

犬のフンは必ずお持ち帰りください

近ごろ、動物(特に犬)に関する苦情や相談が多く寄せられています。その内容のほとんどが、心ないごく一部の犬の飼い主が、公園や道路などの公共の場所で排泄したフンをきちんと後始末しないことで、多くの方々に不愉快な思いをさせられて、たいへん迷惑しているというものです。犬がお散歩中にフンをしてしまった時は、きちんと家まで持ち帰ることが飼い主の責任です。

岐阜県では<岐阜県動物の愛護及び管理に関する条例>により、動物を適正に飼養するために、汚物や汚水を適正に処理することや、公共の場所や他人の土地、建物などを不潔にしたり損傷したりしないことなどを飼い主に義務づけています。

本巣市でも<本巣市きれいなまちづくり条例> により、公共の場所や他人の土地でフンをしたときは、直ちに回収することが飼い主の責務となっており、マナー向上のための啓発看板などの公報活動を実施しています。

 

 

犬を散歩するときの注意

・散歩のときは、犬のフンを持ち帰るために袋やスコップを必ず持参してください。また尿を流すための水を持参してください。

・他人に迷惑をかけないよう、犬をリード(引き綱・くさり等)でつないで散歩してください。

・犬のフン・尿で道路、公園など公共の場所を汚さないでください。

・他人の門柱や建物など周囲に迷惑をかける場所ではフン・尿をさせないでください。

・もしも尿をしてしまった時は水で流し、フンをしてしまった時には必ずお持ち帰りください。

 

 

犬が行方不明になったら

飼っている犬が行方不明になった場合は保護されている場合がありますので、

(1)市役所生活環境課(電話:058-323-7751)

(2)岐阜保健所 本巣・山県センター(電話:058-213-7268又は7269)

(3)北方警察署(電話:058-324-0110)

の3箇所に電話してください。

 

岐阜県迷い犬情報
保健所で保護している犬をいつでもパソコンで確認できます。
詳しくは、下記のリンクまで。
http://www.pref.gifu.lg.jp/kurashi/dobutsu/dobutsu-aigo/11222/mayoi-inu.html

 

迷い犬として保護される犬の多くが連絡先が分からない状態で保護されます。首輪に鑑札や狂犬病予防注射済票等連絡先が分かるものをつけて、万が一行方不明になった場合でも飼い主が見つかるようにしておきましょう。

 

 飼い犬が人をかんだとき

万が一、飼い犬が人をかんでしまったときは、すぐに岐阜保健所 本巣・山県センター(電話:058-213-7268又は7269)へ届けてください。

 

犬が飼えなくなったとき

犬や猫を遺棄した者は「動物の愛護及び管理に関する法律」により100万円以下の罰金に処されます。
どうしても飼えなくなった時は、まず、適正に責任を持って飼ってもらえる新しい飼い主をさがしてください。
やむをえず、どうしても飼えなくなった場合、または新しい飼い主を見つけられない場合は、下記保健所にご相談ください。

<問い合わせ先>
岐阜保健所 本巣・山県センター(電話:058-213-7268又は7269)

 

ねこの飼い主さんへのお願い

ねこについての苦情や被害の相談が多く寄せられています。
主な内容はふん尿・いたずら・鳴き声などの生活環境被害から捨てねこに関する相談までさまざまですが、その多くは、飼い主の無責任な飼い方が原因となっています。
動物の命を尊重し、大切にすることは誰もが守るべきことです。ねこを飼う場合は、ご近所や周りに被害や迷惑を及ぼさないよう、ねこの本能、習性や生理を理解し、家族の一員として責任を持ち、次のような飼育方法を心がけて途中で放棄することなく、終生大切に飼ってください。

 

■飼い主を明示しましょう
大切なねこが迷子や行方不明にならないためにも、発見を容易にするためにも、飼いねこに首輪や名札などをつけ、飼い主・住所・連絡先などがわかるようにしてください。


■室内で飼いましょう
ねこを屋外で放し飼いにすることは、他人の敷地への侵入など近隣住民への迷惑だけでなく、交通事故、感染症、ねこ同士のけんかによる負傷などねこにとっても危険がいっぱいです。また、自由な交配によりのらねこを増やす原因にもなります。
近隣住民とのトラブルを防ぐためにも、交通事故や感染症などから守るためにも、ねこは室内で飼いましょう。


■トイレのしつけをしましょう
飼い主の知らない間に、ご近所の庭や公園などでふん尿をした場合でも当然飼い主の責任になります。
ご近所や周りに迷惑をかけないように、室内など決まった場所で排泄ができるようにしつけをしましょう。特に子ねこのときからの習慣づけに努めてください。そうすることにより自分からすすんで、その決まった場所で用をたすようになります。
また、抜け毛の始末や残った餌の後片付けも忘れずに、清潔な飼育環境に努めましょう。


■避妊・去勢手術を受けさせましょう
多くの子ねこが保健所に持ち込まれています。このような不幸なねこを増やさないためにも、また繁殖を望まない場合も含めて必要に応じて飼い主の責任で、避妊・去勢手術を受けるよう努めてください。


■飼い主のわからないねこへのえ付けはやめましょう
飼い主のわからないねこにえさを与えることは、その地域にねこが住みつき増加する原因となります。これにより、他人の敷地など所かまわずふん尿をしたり、庭や花壇などを荒らしたり、ごみ置き場を散らかしたりと、ご近所や周りにいろいろな迷惑をかけますので、絶対にえさを与えないでください。
また、飼い主のわからないねこなどに、「かわいそうだから」と勝手にえさを与え続けることは、その時点でえさを与えた人の飼いねことみなされますので、終生飼い続ける意思がなければ、絶対にえさを与えないでください。

 

猫に対する自己防衛について

所有者が不明な猫については、捕獲することができません。そうした猫が家などの敷地に侵入して、家財などを荒らしたりふんをしたりして困っている場合は、自己防衛するしか方法はありません。
対策方法はいくつかありますが、その中から実施しやすい方法をご紹介します。いろいろな方法を試し効果ある方法を見つけ、それを継続して自己防衛してください。
なお、これらを実施する場合は、猫の通り道になっている場所が効果的です。

 

【対策その1】 臭いに刺激のある物や猫が嫌うものを置いたりまいたりする
・臭いに刺激のある物とは…
例:ニンニク、唐辛子、食用酢、タバコの吸い殻をほぐして水に浸したもの、どくだみ茶などの茶殻、お米のとぎ汁(とぎ始めの濃い汁)、コーヒーかす。

 

【対策その2】 猫が嫌う環境をつくる
・レモングラスやルーなどの植物を植える。

 

【対策その3】 ごみを適正に処理する
・ごみを荒らされないよう確実に処理をする。

 

【対策その4】 猫の侵入を防止する
・市販の猫よけシートや網もしくはネットを使って侵入を防ぐ。
・割りばしを通路や花壇などに立てる。

 

【対策その5】 周辺に食べ物を放置しておかない
・餌付け状態と同じです。

 

【対策 その他】

その他に猫を寄せ付けない方法は下記のファイルの通りです。

「猫が庭に入らない方法について」<PDFファイル:121キロバイト>

 

ねこが飼えなくなったとき

犬や猫を遺棄した者は「動物の愛護及び管理に関する法律」により100万円以下の罰金に処されます。
「誰かが拾ってくれるだろう」というような安易な気持ちで、ねこを捨てないでください。
捨てられたねこは飢えや寒さ、病気、交通事故で死を迎えたり、のらねこになってみんなに迷惑をかけることになります。

まず、適正に責任を持って飼ってもらえる新しい飼い主をさがしてください。
やむをえず、どうしても飼えなくなった場合、または新しい飼い主を見つけられない場合は、下記保健所にご相談ください。


<問い合わせ先>
岐阜保健所 本巣・山県センター(電話:058-213-7268又は7269)

 

ねこが死亡したとき

ねこを含め犬などペットの亡きがらの火葬処理については、近隣市外の火葬場を紹介しますので、ご自身で探すことができない、わからない場合は生活環境課(電話:058-323-7751)へご連絡ください。

 

関連サイトリンク

〇岐阜保健所本巣・山県保健センター  電話番号058-213-7268

 

岐阜保健所本巣・山県センターでは、飼い犬の指導、野犬の捕獲等の業務を行っています。

詳しくは、下記のリンクまで。

http://www.pref.gifu.lg.jp/kensei/ken-gaiyo/soshiki-annai/kenko-fukushi/22701/

 

岐阜県では、迷い犬(迷子動物)情報を提供しています。

詳しくは、下記のリンクまで。
http://www.pref.gifu.lg.jp/kurashi/dobutsu/dobutsu-aigo/11222/mayoi-inu.html

 

 

〇岐阜県動物愛護センター    電話番号0575-34-0050

 

岐阜県動物愛護センターでは「人と動物が共生する地域社会の実現」を目指して次の業務を行っています。
◇犬猫の譲渡推進
◇動物愛護の普及啓発
◇被災動物の救援

「専門講師による愛犬のしつけ方教室」、「愛犬のしつけ方個別相談会」なども開催されています。興味のある方は「岐阜県動物愛護センター」のホームページをご覧ください。

詳しくは、下記のリンクまで。

http://www.pref.gifu.lg.jp/kurashi/dobutsu/dobutsu-aigo/22515/

 

 

〇環境省

 

環境省では動物の愛護と適切な管理を目指し、各種パンフレットを配布しています。

詳しくは、下記のリンクまで。

環境省 動物愛護管理法パンフレット等

 

 

 


 

 

add_kankyou.jpg

1つ上の階層へ