トップ  市民の方へ  くらしの出来事  高齢者福祉  介護マークについて

「介護マーク」をご活用ください

「介護マーク」とは

「介護マーク」は、介護中であることの目印として、静岡県で考案されました。

認知症の人や障がいをお持ちの人の介護をする人が、介護中であることを周囲に理解していただくためのものです。

 

 活用する例としては、下記のような場面があります。

・介護していることを周囲にさりげなく知ってもらいたいとき。

・駅やサービスエリア、店舗などのトイレで付き添うとき。

・男性介護者が女性用衣類や下着を購入するとき。

 

 なお、下記の窓口で印刷済みの「介護マーク」(ケース入り)を配布しております。

 窓口で申込書を記入してください。

 

kaigotyuu.jpg

 

          「介護マーク」

配布窓口

  本巣市役所 真正分庁舎 高齢福祉係

        本庁舎   地域調整係

        糸貫分庁舎 地域調整係

        根尾分庁舎 総務産業課

  

  本巣市地域包括支援センター(真正老人福祉センター内) 

 

リンク

  静岡県ホームページ 「介護マーク」

  厚生労働省ホームページ 「介護マーク」の普及について

 

お問い合わせ先

  福祉敬愛課 高齢福祉係 (真正分庁舎) TEL 058-323-7754

                      FAX 058-323-1445

                      E-mail fukushi@city.motosu.lg.jp

1つ上の階層へ