電子入札関係

電子入札運用基準・実施要領

本巣市電子入札運用基準<PDFファイル:277キロバイト>

本巣市建設工事等電子入札実施要領<PDFファイル:8キロバイト>

 

運用基準により紙入札方式で参加する場合は下記の書類を提出してください。

紙入札方式参加承諾書<PDFファイル:4キロバイト>

 

 

利用者登録

 本巣市の電子入札に参加するには、岐阜県市町村共同電子入札システムのウェブサイトから利用者登録をする必要があります。

 岐阜県市町村共同電子入札システム

 

 資格者番号は入札参加資格審査申請書の受付番号です。ただし、番号は9桁で入力することになっていますので、足りない分は頭に0を加えてください。

 例 受付番号が「5021」のときは、資格者番号は「000005021」となります。

 

 

ICカード(電子認証書)の有効期限にご注意ください

 岐阜県市町村共同電子入札システム(以下「システム」という。)では、入札書提出時に使用したICカードの有効期限が開札日までに期限切れになった場合、提出された入札書を開札することができないため入札書が無効になりますので、有効期限には十分ご注意ください。

ICカードの有効期限が近づいたとき

 現在、システムに登録されているICカード(以下「現ICカード」という。)の有効期限が切れると現ICカードでは電子入札を行うことができなくなりますので、現ICカードの有効期限が近づいたら、ICカードを新たに購入していただき(以下「新ICカード」という。)、現ICカードの有効期間内に「利用者登録」のICカード更新処理を行ってください。ICカード更新処理後は現ICカードではシステムにログインできなくなります。

 有効期限切れ等で更新処理ができない場合は、新ICカードで利用者登録を新規(追加)にて行ってください。この場合、登録内容を市が審査しますので、承認後でないと新ICカードは使用できません。

 なお、新ICカードは認証局への申し込み手続き完了後、お手元に届くまでに2、3週間かかることもありますので、早めのご準備をお願いします。

 

開札日までに有効期限切れとなる入札案件がある場合

新ICカードがある場合

 ICカード更新処理後、新ICカードで入札処理を行ってください。

 ICカード更新処理ができない場合や新規利用者登録を行っても市の審査処理が応札に間に合わない場合は、市へ連絡の上、紙入札に変更してください。

 

新ICカードがない場合または現ICカードが有効期限切れの場合

 市へご連絡の上、紙入札に変更してください。

 

 ICカードが有効期限内であっても失効している場合

 ICカードが有効期限内であっても、代表者の変更等で開札日に失効となっている場合、入札書を開札できませんので入札書は無効となります。

 

 


 

 

add_soumu.jpg

 

1つ上の階層へ