トップ  事業者の方へ  男女共同参画  パートタイム労働法の改正(H20.4.1~)

男女共同参画

パートタイム労働法の改正(H20.4.1〜)

 少子高齢化、労働力減少社会で、パートタイム労働者がその能力をより一層有効に発揮することができる雇用環境を整備するため、パートタイム労働法が改正されました。平成20年4月1日から施行されます。

 主な改正点は、次のとおりとなっています。

 

 1 雇い入れる際、「昇給の有無」「退職手当の有無」「賞与の有無」についても文書等で明示化することが義務化されました。

 2 雇用後、パートタイム労働者から求められたときは、待遇の決定に当たって考慮した事項を説明することが義務化されました。

 3 「職務の内容」「人材活用の仕組みや運用など」「契約期間」の3つの要件が通常の労働者と同じかどうかにより賃金、教育訓練、福利厚生などの待遇の取り扱いについて規定されました。

 4 通常の労働者への転換を推進するための措置を講ずることが義務化されました。

 5 パートタイム労働者から苦情の申出を受けたときは、事業所内で自主的な解決を図ることが努力義務化されました。

 

 詳細は、下記リンク先からご覧ください。
 
パートタイム労働法が変わります!(厚生労働省HPより)

1つ上の階層へ