トップ  緊急・防災  消防  本巣市消防団   消防団入団マニュアル

防災

本巣市消防団

消防団入団マニュアル

消防団員の役割

本巣市の常備消防としては、1市1町による「本巣消防事務組合」が構成されていますが、地域防災において地元消防団は、重要な役割を担っています。
火災発生時における初期出動をはじめとして、火災の類焼防止、残火処理、消防警戒区域の監視等、消防団の力によるところが大きく、平成7年1月に発生した阪神・淡路大震災や平成23年3月11日に発生した東日本大震災においても、地域事情をよく知る地元消防団の活躍が脚光を浴びました。
また、高齢化社会に伴い、市内における行方不明者の捜索、台風等風水害の警備も消防団の重要な任務となっております。
このような緊急時における活動が円滑に行えるよう、消防団では定期訓練・自主訓練を行っています。

 

消防団組織

市の消防団は、消防組織法の規定により「本巣市消防団の設置に関する条例」を定めて「本巣市消防団」を設置し、各分団単位で組織しています。
各消防団員は、地域自治会長会の申し合わせにより団員を選出し、組織は次のように編成されています。

団長   ‥‥‥  1名   第4分団 ‥‥‥ 24名     

筆頭副団長‥‥‥  1名   第5分団 ‥‥‥ 28名

副団長   ‥‥‥  3名   第6分団 ‥‥‥ 32名

第1分団 ‥‥‥ 60名   第7分団 ‥‥‥ 32名

第2分団 ‥‥‥ 28名   女性分団 ‥‥‥ 10名

第3分団 ‥‥‥ 41名   ラッパ隊員‥‥‥ 32名(兼務団員含む)

 

消防団員の選出

消防団員の選出は、団内で推薦される団長、筆頭副団長、副団長、分団長、副分団長、部長以外の団員は、各自治会において選出推薦していただいています。
その人数の割り振りは、各地域自治会長会において調整されています。

 

消防団の任期

団員の任期は、各分団毎に定められています。
団長、筆頭副団長、副団長、分団長、副分団長の任期は、「本巣市消防団規則」により2年となっています。ただし、再任される場合があります。

 

服務規律

本巣市の条例において次のとおり服務規定が定められています。
・団員は、団長の招集によって出動し、職務に従事します。ただし、招集を受けない場合であっても、火災その他の災害の発生を知ったときは、あらかじめ指定するところ(主に消防車庫)へ直ちに出動し、職務に従事することとなっています。詳細については、各分団長以下役員の方の指示により対応してください。
・10日以上居住地を離れる場合は、団長にその旨を届け出る必要があります。
・職務上知り得た秘密を他に漏らしてはいけません。

 

報酬

団長       年額  120,000円
筆頭副団長     年額 100,000円
副団長      年額    77,000円
分団長      年額    50,500円
副分団長      年額  45,500円
部長          年額  37,000円
班長       年額  37,000円
団員       年額  36,500円

 

費用弁償

水火災、警戒、捜索、訓練に際し、1回につき2,000円

 

公務災害補償

団員が以下の状態となった場合、団員、その者の遺族又は被扶養者に対して、損害補償が受けられます。 
・公務により死亡、負傷した場合。または疾病にかかった場合
・公務による負傷や疾病により死亡又は障がいの状態となった場合

 

退職報償金

5年以上在職し、退団した団員に退職報償金が支給されます。

 

防団の活動及び主な行事(予定)

期日

活動内容

3月最終日曜日 入退団式
4月〜5月 基本操法訓練
※団員が基本操法を身につける訓練
5月 本巣市消防操法大会
※目的:市内各分団の消防操法技術の向上
6月 水防訓練
8月 岐阜県消防操法大会
本巣市総合防災訓練参加
10月 特別訓練 ※機動演習
11月 秋の火災予防運動(啓発活動)
12月26日〜30日 年末夜警
※年末における市内火災予防の啓蒙・巡視活動
1月第2日曜日 出初式
3月 山林火災訓練
春の火災予防運動(啓発活動)
年間 火災出動・風水害の警備・探索活動 等


消防団の組織図<PDFファイル:98キロバイト>

 

 

PDFファイルを読むためには「Adobe Reader」(無料)が必要です。
お持ちでない方は下記をクリックして、ソフトウェアをダウンロードしインストールしてください。

>>Adobe Readerのダウンロード<<

 


 

add_soumu.jpg

1つ上の階層へ