トップ  緊急・防災  養父市との災害時の相互応援協定

兵庫県養父市と災害時の相互応援協定を締結

平成29年8月24日、市役所本庁舎において兵庫県養父市と「災害時の相互応援に関する協定」を締結しました。

この協定は、大規模な地震や水害等の発生により被害が発生した場合に、広域的な応援体制を確立するために締結するもので、物資の支援や人的な支援等、多面的な支援を相互に行うことを規定した協定です。大規模災害時には、近隣自治体が同時に被災する可能性があり、遠隔地からの広域的な支援を求める必要があることから今回この協定を締結しました。

各市町村と締結するこの協定は、養父市で3件目となります。

当日は、養父市の広瀬栄市長が本庁舎を訪れ、協定の締結式を開催し、都市連携協定書の調印と併せて相互応援協定も調印を行いました。

養父市の広瀬市長は、「地域の8割が山間部という地形の面でもよく似ており親近感を感じる。良いところを吸収し、活力あるまちづくりを進めたい。」と話されました。

藤原市長は、「養父市は私の生まれ故郷であり、様々な縁からこの協定の締結に至った。離れているからこそ、災害時にはお互いに助け合うことができる。」と話しました。

 

DSC_1229.JPG 

 

 


add_soumu.jpg

1つ上の階層へ