トップ  緊急・防災  災害発生時における郵便局の協力に関する協定

災害発生時における本巣市と北方郵便局及び本巣市内郵便局の協力に関する協定を締結

平成29年12月13日、市役所本庁舎において「北方郵便局・本巣市内郵便局・本巣市による災害発生時における協力に関する協定書」を締結しました。

この協定は、日本郵便株式会社のCSR(社会貢献)活動のさらなる推進から、平成17年度に締結していました「災害支援協力に関する覚書」を基に、緊急車両としての車両(郵便配達用車両は除く。)の提供や、避難所における郵便局社員による郵便物の取集・交付など、体制の強化を図る条項を追加してあらためて締結したものです。

また、この協定の締結と併せて、道路異常や不法投棄の情報提供に加え、高齢者や子どもの見守りについても定めた「本巣市地域における協力に関する協定書」も締結しました。

郵便局の代表として、北方郵便局の後藤康文局長は、「ユニバーサルサービス事業者として、地域の安全・安心に貢献することは当然であり、これからも地域を元気づけたい。」と話されました。

藤原市長は、「市民の安全・安心の確保は一番重要であり、日々市内を巡っている郵便局の協力は欠かせない。全国のネットワークの活用と地域密着の支援で、今後とも多方面で協力をお願いしたい。」と話しました。

 

171213.png 

 


add_soumu.jpg

1つ上の階層へ