トップ  緊急・防災  牧之原市との災害時等の相互応援協定

静岡県牧之原市との災害時等の相互応援協定を締結

 平成29年1月12日、市役所本庁舎において静岡県牧之原市との「災害時等の相互応援に関する協定」を締結しました。

 この協定は、大規模な地震や水害等の発生により被害が発生した場合に、広域的な応援体制を確立するために締結するもので、物資の支援や人的な支援等、多面的な支援を相互に行うことを規定した協定です。大規模な災害時には近隣自治体が同時に被災する可能性があり、遠隔地からの広域的な支援を求める必要があることから今回この協定を締結しました。

 当日は、牧之原市の西原茂樹市長が本庁舎を訪れ、協定の締結式を開催し、協定書への調印を行いました。

 牧之原市の西原市長は、「今回のこの協定により何かあった時も、何もない時でも関係が出来れば」と話され、「本巣市との協定で安心がひとつ増えた。これからも交流を続けたい。」と話されました。

 藤原市長は、「災害時はもとより、この協定をきっかけにこれからも末永く、いろんな形でつながりを持っていきたい。」と話されました。

 

 makinohara.jpg

 ▲牧之原市西原市長(左)と藤原市長

 

 

 


 

add_soumu.jpg

1つ上の階層へ