トップ  緊急・防災  防災  全国瞬時警報システム(J-ALERT)  「全国一斉の緊急情報の伝達試験」の実施について

防災

全国瞬時警報システム(Jアラート)による試験放送のお知らせ

 平成31年2月20日(水)に「全国一斉の緊急情報の伝達試験」を、以下のとおり実施します。

訓練概要

 本巣市では、地震や弾道ミサイル情報といった武力攻撃などの災害時に備え、「全国瞬時警報システム(Jアラート)」から送られてくる国からの緊急情報を、市内の防災行政無線等を用いて確実にお伝えするため、緊急情報伝達手段の試験を行い、市内全域の住民の皆様への情報伝達体制の確認を行いました。

 

本巣市の訓練

 防災行政無線及び、戸別受信機による放送で以下の内容が一斉に放送しました。

 

チャイム

  +

「これは、Jアラートのテストです。」 × 3回

  +

「こちらは、広報もとす です。」

  +

チャイム

 

※緊急情報伝達試験のため、戸別受信機からの放送は音量が最大音量になりますのでご注意ください。

 

その他

〇Jアラート・全国一斉情報伝達訓練は、平成29年度まで、年間1回(毎年11月頃)の実施でしたが、

 平成30年度から、年間4回(5月、8月、11月、2月)実施されています。

〇災害の発生状況や気象状況によっては、訓練の中止や内容変更を行う場合があります。

(中止の場合、防災行政無線によりお知らせします)

〇本巣市以外の地域でも、全国的に様々な情報伝達手段で試験が実施されます。

〇Jアラートとは、気象庁から送信される気象情報や内閣官房から送信される有事関係情報について、人工衛星を利用して地方公共団体に送信し、市町村の防災行政無線を自動起動するシステムです。

 

 


総務課(本庁舎) TEL0581-34-5020 FAX0581-34-5034

1つ上の階層へ