トップ  緊急・防災  防災  洪水ハザードマップ

防災

防災マップ

洪水ハザードマップについて

洪水ハザードマップとは、台風や大雨により、堤防が決壊・溢水した場合に、浸水する範囲や浸水の深さがどの程度になるのかを示したものです。

大雨による災害から自分の命を守るためには、自分の住む地域の水害のリスクを知り、もしも災害が発生した場合に自分がどのような行動をとるべきかを考えておくことが大切です。普段からこのハザードマップを活用いただき、もしもの災害に備えましょう。

 

 

洪水ハザードマップの改訂

今回、国が管理する河川(根尾川・揖斐川)の浸水想定区域が見直しされたことを受け、平成30年3月に本市の洪水ハザードマップを改訂しました。今回の改訂のポイントは以下のとおりです。

 

1 近年発生した大雨による甚大な被害を受け、堤防が決壊等した場合にどのような被害が発生するのかをシミュレーションしたものである「浸水想定区域」が、想定し得る最大規模の降雨(1000年に1度の発生確率による降雨)が発生した場合の想定によるものに見直されました。

2 近傍の堤防の決壊等が発生した場合、氾濫流により家屋が流出する危険性が高いことから早期の立ち退き避難が必要な区域である「家屋倒壊危険ゾーン」を明記しました。

3 地域における全体的な浸水状況を把握するための地域版とお住まいの場所の詳細な情報を把握するための小学校区版を作成しました。また、小学校区版には自分自身で防災マップが作成できるよう白図を作成しました。

 

防災ハンドブック(洪水・土砂災害編)

防災ハンドブック

 

 

ハザードマップ地域版

根尾地域1

根尾地域2

本巣地域

糸貫地域

真正地域

 

 

ハザードマップ小学校区版

外山小学校区

本巣小学校区

一色小学校区

土貴野小学校区

席田小学校区

弾正小学校区

真桑小学校区

 

 

白図

根尾地域1

根尾地域2

外山小学校区

本巣小学校区

一色小学校区

土貴野小学校区

席田小学校区

弾正小学校区

真桑小学校区

 

 

※ 根尾地域は地域の西側を1、東側を2として作成しており、小学校区版は作成していません。

※ 市役所窓口でお住いの地域に応じた洪水ハザードマップを配布しています。複数地域の地図が必要な方は総務課までお問い合わせください。

※ 県の管理河川の一部(糸貫川、犀川、天王川、中川)についての浸水想定区域は今回のハザードマップには掲載していません。県管理河川の浸水想定区域は下記のホームページからご覧いただけます。

○岐阜県浸水想定区域図ポータルサイト

 

 

このハザードマップ等はPDF形式ですので、PDFファイルを読むための「Adobe Reader」(無料)が必要です。

お持ちでない方は下記より、ソフトウェアをダウンロードしインストールしてください。
>>「Adobe Reader」(無料)をダウンロード<<

 


 

add_soumu.jpg

1つ上の階層へ